ベッドの最強ブログ

ベッドの事がなんでも分かるブログ

ベッドの選び方 一人暮らし

一人暮らしのベッドの選び方!考えておくべき8つのポイントとは?

投稿日:2018年2月27日 更新日:

一人暮らし ベッド 選び方
新たに一人暮らしを始めることになりベッドの選び方で悩んだりしてませんか?

学生や新社会人が一人暮らしを始める場合、ワンルームマンションなどあまりスペースに余裕がない部屋が多いことでしょう。

狭い部屋では家具を揃えるにも色々と制限がでてくることでしょう。

特に一人暮らしの部屋で最も存在感があるのがベッドです。購入するときは失敗のない選び方をしたいものですよね。

そこで、このページでは男性、女性に共通する、一人暮らしがベッドを買うときに、考えておくべき選び方のポイントを紹介していきます。

部屋の広さとベッドサイズを考える

まず、初めに一人暮らしのベッドの選び方で大事なのは部屋の広さに対して寝床がどのくらいのスペースを取るのかを考える事です。

ベッドのサイズが同じでも部屋の広さが6畳と8畳ではレイアウトも全然違ってきます。

部屋の広さとベッドサイズを相対的に考えるのは一人暮らしのベッドの選び方の基本です。

 

自分の身体の大きさを考慮した選び方を

次に、自分の身体の大きさは一人暮らしでのベッドの選び方で重要なポイントです。

平均的な日本人の身長の男性の場合はマットレスの丈は現在の主流である195cmで十分でしょう。

しかし180cmを超える背の高い人には小さいと感じるかもしれません。

また、女性で小柄な人は丈195cmは大きめなので、部屋のスペースを確保したい場合は丈の短いベッドを購入する方がよいでしょう。

自分の身体の大きさと寝る場所のサイズを相対的に考えるのも選び方のポイントの一つです。

 

インテリアのテーマを決めておく

せっかくの一人暮らしなのですから自分のインテリアのセンスを十分に発揮しておしゃれな寝室にしたいものです。

部屋のインテリアのテーマを決めてそれにあったおしゃれなものを選びましょう。

やはりデザインは一人暮らしのベッドの選び方で重要なポイントの一つですね。

参考記事:おしゃれなベッドフレームを探してみたのでスタイル別に厳選して10個を紹介

 

その他の家具との関連性

一人暮らしのワンルームマンションなど活動時と寝る時の部屋が同じ場合は他の家具や家電なども考慮して選択するのも選び方のポイント。

狭い部屋に大きなベッドを買ってしまい家具や家電が置けなくなってしまったら大変です。

この場合はベッドの大きさと配置を最初に決めてしまってから、他の家具や家電を揃える様にすれば失敗は少なくなるでしょう。

参考記事:狭い部屋でもベッドを置きたい人は必見!知っておくべき6つのポイントとは?

 

恋人の存在を想定

一人暮らしでも恋人の存在はベッドの選び方のポイントになるでしょう。

一人暮らしを始めるあなたに現在恋人がいる場合には恋人があなたの部屋にお泊りに来る場合もあることでしょう。

その時に一人暮らしだからといってシングルサイズだと窮屈で一緒に寝るのが困難ということになりかねません。

どんなに最低でもセミダブル以上が必要でしょう。

今現在恋人がいない場合でも将来的に彼氏、彼女が出来た時の事を想像した選び方をしましょう。

パートナーの存在も一人暮らしのベッドの選び方の重要なポイントなのです。

参考記事:男の一人暮らしでベッドサイズはシングルかセミダブルどちら!?

 

ヘッドボードはホントに必要!?

一人暮らしの場合ヘッドボードは必要か不要か!?というのも選び方のポイントです。

ヘッドボードは目覚まし時計やスマホ、眼鏡などの小物を置けて便利ですがその分場所も取ります。

小さなテーブルなどに小物をおいて代用出来るならヘッドボードレスを選んだほうが良いかもしれません。

 

収納機能は必要か

一人暮らしのベッドの選び方で収納スペースが必要か否かも重要です。

ワンルームや1K、1DKでは一つの部屋にベッドやその他の家具やテレビなどの家電をレイアウトする事になりますよね。

そういった部屋ではクローゼットや押入れがない、さらに収納家具を置くスペースを確保できない場合もあります。

そんな時は、ベッドの下に収納機能がある、「チェストベッド」や「跳ね上げ式ベッド」などがあります。

部屋に収納スペースが足りないと思ったら「収納付きベッド」という選び方も出てくるでしょう。

 

住む期間

新たに一人暮らしをする事になったとしてもいつまでその場所に住むのか、大学を卒業するまで、赴任の期間、結婚するまで等一人暮らしの期間によって選び方も変わってきます。

数年間の一人暮らしなのに一生モノの様な高級な品を買う必要はありません。

大きすぎるのもを買っても引越しの時に解体作業や組み立ても大変です。

引越しするときのことまで想像しておけば後に「選び方を失敗した!」と思うことも少なくなるでしょう。

 

おすすめ商品の紹介

一人暮らしに使えるおすすめのベッドを探してみたので厳選して3つ紹介していきます。

 

【Sky line】スカイ・ライン


フロアベッド SKY line スカイ・ラインはこちら
男性の一人暮らしにの部屋に最適なデザイン。

フロアタイプ×シャープなラインがかっこよく、圧迫感をなくし、開放的な空間に仕上げてくれる。

狭いお部屋でも窮屈な感じがなく、ゆったりとした気分で過ごせるので一人暮らしにもおすすめです。

参考記事:フロアベッドの11個のメリット・デメリットと選び方のポイントとは?

 

Pieni ピエニ


ローベッド Pieni ピエニはこちら
小柄なので寝るスペースは最小限でいい、という一人暮らしの女性には最適。

180cmショート丈で、スペースを有効活用したいそんな願いにこたえるベッドです。

ただし、ショート丈でさらにサイズがセミシングルとシングルの2種類しか展開していないので、2人で寝るのは不可能な大きさです。

ピエニは小柄な一人暮らしの女性が1人で寝る場合に最適なベッドと言えるでしょう。

参考記事:女子に最適なベッド!小さめのサイズでおしゃれなデザインを探してみたので厳選して5つを紹介

 

SchranK シュランク


収納ベッド【SchranK】シュランクはこちら

シンプルデザインの大容量収納が可能なチェストタイプのベッド。

ヘッドボードレスなので、設置場所は最小限で済み、尚且つベッド下の空間を最大限に活かす収納。

荷物をしまうスペースが足りない場合や、タンスなどの収納家具の代わりに使えるので一人暮らしの部屋におすすめです。

 

一人暮らしのベッドの選び方まとめ

一人暮らしのベッドの選び方で考えておくべき8つのポイントを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

やはり一番の重要なのは部屋の面積とのベッドの関係、そして身体の大きさを考慮した選び方でしょうか。

その2点を中心として、その他のポイントを考慮してどの様なベッドにするかを検討してみてください。



-ベッドの選び方, 一人暮らし

関連記事

一人暮らし ダブルベッド

一人暮らしでもダブルベッドを置きたい人は必見!4つの疑問点の解明とありorなしかを考えてみた

「一人暮らしでダブルベッドは、ありorなし、どっち?」 進学や就職、転勤などで新たに一人暮らしをすることになった場合、いろいろな家具をそろえなければなりません。 その中で、ベッドのサイズ選びは非常に重 …

ベッド 布団 敷く

ベッドに布団を敷くのはありorなしその結論!たった3つのポイントとは?

「ベッドで布団を敷くのはありorなしどっち?」 今まで床や畳に布団を敷いて寝ていた人が新たにベッドで寝るとなった場合、「ベッドで布団を敷くのはどんなんだろう?」と考える人もいるでしょう。 ベッドで布団 …

一人暮らし ベッド

一人暮らしに最適な激安ベッド特集!おすすめ5選とは?

「一人暮らしで節約したいので激安なベッドが欲しい!」 大学進学や新社会人になって、一人暮らしを始める場合、家具を揃える必要がありますが、その中でもベッドはかなり重要です。 しかし、学生や新社会人の一人 …

一人暮らし ベッドサイズ

一人暮らしでベッドのサイズを選ぶ時、代表的な2つの悩みとは?

「一人暮らしを始めるんだけどベッドのサイズで迷ってしまう!」 進学や就職、転勤などで一人暮らしを始める人が、新たにベッドを用意しなければならなくなったとき、サイズで悩む事があるんじゃないでしょうか。 …

布団が使えるベッド

布団が使えるベッドのメリットと選び方!おすすめ11選の紹介

「布団が使えるベッドが欲しい」 就職や進学などで引っ越しをして、新生活をスタートさせるとなった場合に、寝床をどのようにするかを考えますよね。 ベッドとマットレスを購入するか、それとも布団を敷いて寝るの …